雨男の日記

もう世の中に対して言いたいことなんて何一つありません

日々是迷走中

気づいたら今年も半分過ぎてて梅雨もいつの間にかあけてた。

 

やることに追われて趣味に逃げてギリギリのとこでやること終わらせて寝てカレー食って生活してたら時が進むのがとてつもなく早かった。

 

半分も過ぎてる。

 

やらなければならないことをやってても、やるべきことがかなり残ってる。

 

ああ。

 

こういうこと考えてる人間はどういう行動に出るかというとひたすら現実逃避します。

 

近隣住民に怒られるのではないかという音量で音楽流して、一人で踊ったり

 

突然すべて馬鹿馬鹿しくなって一人で声出して笑ったり

 

一ミリも美味いと感じられない酒を吐くまで飲んだり

 

 

 

 

 

 

あー。

 

この人恥ずかしい人間だ。

 

 

 

 

 

書いてて思ったけどC級映画なみに陳腐な現実逃避。

 

自己陶酔しようとしてよけいに冷めるくだらない人。

 

 

 

 

 

そんなことはさておき絶賛テスト期間中で気分が悪いです。

 

それも月曜日のある科目が嫌いなせい。

 

暗記が多いです。

 

そのくせ必修です。

 

そもそもテストうんぬんの前に講義中の態度が気に入りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なめてんのかアイツ。

 

こんなの暗記しに大学通ってんじゃねーんだよ。

 

俺の前から失せろ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか文章にしなくても憂鬱だけど、文章にしてみても空しくなる。

 

そもそも書いててなんか日本語おかしい気がする。

 

色々な問題が絡みあって自分の気持ちも定まらない。

 

まあ今は勉強しよう。